ストレス・睡眠不足とホルモンの関係

睡眠不足やストレスは現代人が避けて通れないもの

睡眠不足が健康に良くないのは誰しもが知っていることでしょう。健康に良くない、つまり肌にも良くないということです。

 

よく言われるのが美肌のためのゴールデンタイム、22時〜2時の間に良質の睡眠を取ることで若々しい健康な肌に若返り出来る、と言うこと。

 

起きているときは血液は脳や体のあちこちを動かすために酸素や栄養を運んでいるのですが、就寝中は体も脳も休んでいるのでさほど血液を送る必要がなく、いわば肌の再生に専念できるためです。

 

このように肌の若返り、ターンオーバーは就寝中に働いているのです。生理的に22時〜2時の間が最も適した時間と言うわけです。

 

>また、若返りにも関連する成長ホルモンが一番分泌されるのも寝ている間です。睡眠不足やストレスが続くと身体や肌がどんどん老化してしまいます!

女子会

 

とはいえ、22時といったら、帰宅したばかりかもしれません。まだ働いている場合もあるでしょう。○○会の真っ最中で歓談中かも知れません。

 

せめて日付が変わる前の就寝を心掛けるようにしたいものです。

 

飲食はなるべく22時くらいまで、就寝前の1時間は脳を休ませ、ゆったりとした気分で入浴等、心身ともにリラックスして休める準備をするとなお、良いでしょう。

ストレス・睡眠不足とホルモンの関係記事一覧

ホルモンの分泌と若返りの関係

睡眠のゴールデンタイム
成長ホルモンは単に体を大きくするだけでなく、身体の生理機能を高める働きもするので若返りにも大きくかかわっています。しかし、成長ホルモンの分泌量も年齢とともにどんどん減っていきます。そのため老化が進むといわれています。かといって全くゼロになるわけではありませんので、いかにして効率よく成長ホルモンを分泌させるかが若返りのカギとなるのです。まず一番簡単な方法は睡眠成長ホルモンが一番分泌されるゴールデンタイム、夜の22時から深夜2時くらいの時間帯にはぐっすり眠っているようにすることが大切です。とはいえ、現代人のライフサイクルを考えると、夜の22時に就寝、と言うのはかなり無理がある時間です。ですから、少...
続きはコチラ

老化・肌への怒りの感情の影響

恋心
若々しさを保つためにどんなに良い基礎化粧品を使っても、体に良い食事ばかりを摂っていても、あることができていないと意味がないと言われています。そのあることとは、ストレスを溜めないということです。ストレスは目に見えて確認できるものではありませんから、自分でコントロールするのはなかなか難しいものです。しかし、自分の感情はその時その時で察することができるはずです。ストレスが大きく溜まりやすいのが怒りの感情を抱いた時です。イライラが募り、ほんの些細なことでもムカっとしてしまう。このようにすぐ怒りやすいという方はストレスが溜り、負の連鎖で体にも悪影響を与えてしまいます。肌が老化しやすくなるともいわれており...
続きはコチラ

このページの先頭へ戻る